こどもタウン

こどもの街を創る!市民目線からのきっかけこどもタウン

こども達が『市民(シティズン)』を体験・楽しみながら社会のしくみを学ぶ

こどもタウンは、こども達がこどもの街の市民になり、社会活動や経済活動を体験する中でリアルなよのなかのしくみを学ぶ「まちづくりプロジェクト」です。

こどもタウンは、中高生が主体となって活動をしているYOUNG CONEXIONが提供するプログラムです。
また、こどもタウンの情報は、こちらの公式ホームページからも確認できます。
こどもタウン公式ホームページ

こんなことをします!

こどもたちが友だちや地域のために仕事をすると、仮想通貨・イットがもらえます。イットを用いて買い物や納税をすることで、経済や社会の仕組みを疑似体験することができます。
こども達は、働く・納税するといった「人や地域に貢献する」社会体験を通して、未来を生きぬく力を育むことができます。

プログラムの中身

①こどもたちで街の運営を行います!(こどもタウン議会)

②地域にある仕事を実際に体験することができます!(働く)

③仮想通貨を使って、お金と社会の繋がりを学びます!(消費や納税)

保護者の声

保護者の声

子ども達だけと言う事もあり少し不安でしたが、終了して帰って来た時には、とても満足げで楽しかったようです。
ittoも大事に持って帰り来年使う!と張り切っていました。
色々大変だと思いますが、是非来年も《こどもタウン》開催して頂けたら、子供も喜ぶと思いますので、宜しくお願いします。

限られた条件の中で、よく運営できていると思います。地方都市でも、東京、大阪のキッザニアに似た体験ができて良かったです。

カフェメニューを充実させるなど、イット(仮想通貨)を使える場所が増えたらいいと思う。

次回のプログラムに関する情報や、企画者として参加したい方は、ぜひYOUNG CONEXIONへ!

本プログラムに関する情報や、企画者として関わりたい方は、ぜひYOUNG CONEXIONまでお問い合わせください!
ぜひ一緒にプログラムを作っていきましょう!

YOUNG CONEXIONへのお問い合わせはこちらから